初サロン「人生逃げ切りITサロン」飽きた件…

どうも〜なるです!

 

なるは今、東京にきています!
おとといの夜に着いたんだけど、まともに作業できる時間はやっととれた感じ。

色々順調に続いてるので、なるもはりきっていきます〜!

 

初のオンラインサロン「人生逃げ切りITサロン」

どんなとこっていう概要

ブロガー・YouTuberのやまもとりゅうけんさんがつくった、フリーランスのエンジニア主体のオンラインサロンで
本人いわく、発信力をつけて人生をヌルゲーにするというコンセプトでやっているそうです。
あと最近はITに関係なく人生を逃げ切りたい人が集うところになってます。

月額1980円という安さで入れるオンラインサロンで、規模は800人届きそうなくらい。
意外にも知っている人が結構いました。

ケイタさんとか。ケイタさんとか。

紹介ページここから

 

そこで、なる「飽きた。。」

スタートダッシュに失敗

ちょうど入ったときが、仕事の区切りがいいところでして、
ブログもアドセンスが入ったころで結構乗ってたんですけど

FacebookとSlackのどちらが本拠地なのかよくわからず、スレも膨大で初日は何もしなかったです。

それでちょっと勢い落ちたのかもしれません。

自分でスレをつくり張り切った3日間

改めて長めの自己紹介かまして
ケイタさん見かけたので声かけて。

あんまり活発に動いてる印象も、情報がストックされている印象もなかったので
自分でスレをつくって活発にしてしまおうと考えました。

こんな感じで3日間やったんですが、反応があったのは最初だけ。
Twitterである程度目立つポジションの人以外誰もコメントがありませんでした。

なんか悪い予感…。

そこで、サロン内の実態が見えてきた

で、試しに質問投げたんですよ。
自分の土俵じゃなく人が多いスレで

アプリの収益性うんぬんAとBどっちがいいですか?

そしたらガン無視。

 

これ、プロからサポートがある訳じゃなく、かといって新入り同期と頑張ろうってところじゃないんだなってわかりました。

というか、クソリプでいいから活発さが見えて欲しかった。

 

正直、つながりを作るために入ろうとしたんですけど
つながるための方向性がちゃんとできてない空間でした。

シェアハウスで相手の名前もわからず声がかけられないあの状況みたい。

 

初心者は頑張らないといけないかもね。

実質あそこは、主要メンバーどうしが関わりをもちつつ
それをROMするその他って構造で

大きなネタや旬なもの(今ならYouTuber)がないなら、普通にTwitterで関わり増やすのと難易度一緒だなぁって雰囲気でした。

 

今後について

単純にこのサロンから伸びる人もいるとは思います。
使い方でそれは変わるって当たり前なんですけど。

でもなるはネットとは半分関係ないところで仕事をもらってるし、
今、大切にしたいのは新しい人じゃなくて身近な人。

頭も時間も割きたくない。
だから、オフラインでの集まりに一回だけ行って抜けようと思います。

 

頑張り始めてる人がハイライトで見えないここは合わない!
それだけ。

極論、媚びてインフルエンサーに好かれて伸びるくらいなら自分でサロンたてて伸びた方が楽しい。
それだけ。

 

知らないことが知れた。
そこだけありがとうございました。ばいばいノシ

未分類
スポンサーリンク
シェアする
nullをフォローする
なるのプログラミング備忘録

コメント